静岡県浜松市新津町の建築設計事務所です。こだわりの木造住宅や店舗の設計に日々取り組んでいます。住環境のカビ対策も研究しています。  


by office21-jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

三ケ日の修道院

三ケ日の猪鼻湖畔に建つ施設(修道院)です。
この建物は元みかん畑のかなり急斜面に計画しました。

案の定、工事は難易度の高い作業となりました。
その代わり、すばらしい景色を頂きました。
猪鼻湖畔と周辺の自然に囲まれながら生活しています。

毎日の生活では、今まで経験の無かった自然の小動物と
であったり、自然の怖さを体験したりで、自然との一体感を
感じています。

上左の写真は道路から見上げたところ。
上右の写真は敷地内最上部から猪鼻湖を望んでいるところ。
下左の写真は祭壇背部の障子を閉じたところ。
   障子の桟は空、湖、太陽の動きをイメージして製作しました。
下右の写真は障子を開いたところ。
   猪鼻湖を一望できます。

夏には、花火を一等席で綺麗に見る事ができます。

e0113909_043862.jpg

[PR]
by office21-jp | 2007-02-21 01:00 | 仕事日記
平成18年11月18日の写真です。
我が娘を連れて、天竜の山奥(春埜山?)へ行ってきました。
私は2度目ですが、娘は初めての体験!
何が起こるのか、興味深々でした。

年に1回秋口に木材会社のご好意でこのツアーが開催されます。
主に天竜杉の伐採ですが、迫力満点です。
チェーンソーで伐採した後の地響きはその場にいなければ
味会うことはできません。

家づくりを計画されている方は、一見の価値がありますよ!

e0113909_21103761.jpg1.杉の木が既にキコリさんによって伐採されている様子です。







2.我が娘がなんと!チェーンソーで伐採しているところです。大丈夫かな、と心配そうにそばにいるのが私です。迫力ありますね~!娘もドキドキ!でも、嬉しそうでした。なかなか体験できませんよ!



3.材木屋さんの山口さんと、T設計の谷川さんに娘が山の事で質問をしている様子です。たまたま、学校の宿題で山についての題材を与えられてたらしく、熱心に話を聞いていました。普段の娘ではないみたい!ご両人ありがとうございました。!

4.この木は何と樹齢1300年の杉の大木です。「県指定天然記念物」春埜杉です。もののけ姫に出てきそうな幻想的で、迫力のある木だとは思いませんか?
樹高44m、直径11.4mあるそうです。
鹿児島の屋久杉に引けはとりませんよ!
伐採後の帰りにこんな場所があるんです。

写真にはありませんが、昼食に山の幸、海の幸を頂く事ができました。
本当においしかったです。
今年4月には植林を計画中とのこと。一度参加しませんか?
[PR]
by office21-jp | 2007-02-09 21:47 | 家造り
セミナーが無事に終了しました。
お客様は少なかったのですが、その代わり身近で意見の交換が
活発に行われました。
感じた事は、私達が思っていることが本当はお客様にとっては知らない
事が多いということです。
発注方法、構造方法、契約、建築の相談等説明するにつれ、「そうか、そうか」
と、うなづいてくれる。
特に設計事務所とのお付き合いは普段の生活の中ではあまりない為、
何をしているのか興味があったみたいです。
今後も地道にセミナーを開催したいと思います。
時にはこのブログの中で建築業界の話をしていきます。

下の写真左が私、右が大工の深田さんです。
深田さんは私の設計活動に関心を抱いてくれ友情出演してくれました。
私との共同作業は2棟の経験があります。
e0113909_2353115.jpg

下の写真は木造建築の伝統工法と近代工法(金物工法)の現物サンプル
です。皆さん興味を持って見ていました。
e0113909_23591252.jpg
[PR]
by office21-jp | 2007-02-07 00:02 | 料理

カビなんて!

カビの意識てどの程度持っているのでしょうか。
ほとんどの人は、カビが発生してから「何とかして~!」ぐらいの意識なんですよね!
私がカビを意識し始めたのが、私が設計した施設の地下にカビが大発生した時からです。
さすがに冷や汗ものでした。
その地下室は物入れとして利用しており、全ての天井、壁、家具やダンボールに至るものまでカビが生息しているのです!緑色の粉のようなものや、白い綿状のもの。
小さな流しだいの裏側には黄色や赤色が加わって、それは12色の絵の具をかき混ぜたような、何とも気持ち悪い様なのです!
おまけにカビ特有の臭いです。今にも体に異変が起きるのではないか、と思えるほどです。
何とかしなければいけない、とは思いながら地下室内のカビを除去してはいたものの、再発生しないようにしなければなりません!
なんと神様は私を見捨てませんでした!
ある知人の紹介で、人体に影響がなく、多品種のカビに効果のある防カビ剤「S」(仮称)に出会ったのです。
早速実行です!防カビ剤「S」は薬剤特有の臭いもなく、また揮発性もない。施工も家庭用の噴霧器でいいため、私が直接施工しました。
施工後、やはり一抹の不安はあります。
確かに商品説明書には効果がうたわれていますが、この現場で効果があるかはわかりません。
まだジメジメ真っ最中の6月ですから尚更です!
1ヶ月後、カビは出てないとの報告。「ホッ」と胸をなでおろし、その後半年間1ヶ月毎に報告をもらい、効果が有ることを確認し、そして確証しました。
あれから10年、何も問題ありません。たまに遊びに行ったおり、地下室に入るのですが、いまでは物入れの機能は十分果たしており、あの臭いもなく、むしろ新築のような臭いです。
念のため家庭用の除湿機を一台置いてもらってますが、時期によっては3時間ぐらいで満タンになります。
湿気量は変わらないのですが、そんな状況下でも効果がある事の証です!
最近は私が手がけるお宅には必ず私が施工しています。同業者からも相談をもらう事もあります。
何とかキラーは体に悪い影響を与えます。そして、また発生します。それも、さらに大量に!
カビ対策については、予防という視点から取り組んでもらう事を願う今日この頃です!
[PR]
by office21-jp | 2007-02-02 19:42 | カビ